カテゴリ:ゲーム( 262 )      
     
 


 
     
  2009/02/20 サンサーラ・ナーガ1(FC)      
     
 
2を語ったのなら、1も語っておこう。

これについては、当事は手に入れられなかったわけで、
後になってプレイできる環境が手に入ったわけですが、
取説は相変わらずなし。

2もセーブポイントがどれかわからず、
あれーってなりつつもまだなんとかなったが、
1はもっと辛かった。セーブポイントがわからないのだ。

結局、町の宿屋だということを知ったのだけど、
町があまりにあくどすぎて、信用できなかったので、
しばらく使わないでいたからわからなかったという。

テントで回復できることを知ったのもかなり後だった。
なんだかなあ。

と、いきなり不満から入ったけど、
このゲームは相当障壁が多い。

フィールド時のドット絵が微妙におかしい所からはじまり、
武器も防具もなしにただただダチョウをおっかける。
まともに戦うと死ぬし、山間に入ると絶対にかなわない敵が出る。

うっかりスタート地点の横にある村に入って
町の人と会話しようものなら村人総出でフルボッコ。
グラフィックまで変わってHP1アイテムなし。
い、いったいどうしろと…!!
味…味方がいないのかこのゲームは!!

まぁ、フルボッコにされるうちに、
主人公の身内がいることがわかり、
敵にのされるうちに、緑の平野以外は通ると死ぬことを知り、
なんとかの思いで竜の卵をもらい、ようやくタイトルコール。

…長いぞ…! FF1のタイトルコールまでくらい長い。

そして、町に向かうも、悪徳商売人にのされてみたり、
お金が足りずに泣きそうになりながら話を進める。
そのうち、「とうちゅうか」が資金調達に
ちょうどいい素材であることを知り、けしかけたり、
その後はもう色々あるんだけども、とりあえず、

序盤はかなり辛い。

くじける人も少なくなかったんじゃなかろうか。

しかも、色々すごいと思えるものがあるのは
中盤終盤だから余計に辛い気がする。

・一枚絵などのドット絵がすごい。
 これ、本当に桜玉吉が描いたの?という位。
 アレは原画が見たくなるなあ。それくらいがんばってる。

・グラを1/4にして、ダンジョンの巨大さを演出。
 タダでさえドット絵に苦労する解像度なのに、
 正直、こんなことを思いつくのはすごいと思った。
 この手の演出は当時のRPGではMOTHER2しか記憶に無い。

・全般的に曲が一曲が長い。
 数回押せば通り過ぎるシーンですら1フレーズが1分とかザラ。

・人間不信になるフラグが比較的多い。
 これのせいで、色々と損をする。

・「たたかう」コマンドの存在。
 これ使うと身内のばあちゃん以外とはみんな戦える。
 あかんぼ抱えた母親や子供に襲撃とかできるけど、
 たぶん強く後悔する。
 確かウルティマにも同じようなものがあったな。

・ラストバトルの壮絶さ。
 やってください。FC版を。アレは勘弁してくれと泣く。
 ただし、GBA版のラストバトルはいまいちです。


いろいろやりにくい面は多いのですが、コツをつかむと、
竜のレベルもさくさくあがるし、さくさくと進むようになる。
もし、手が出せるならオススメしたい一品ではあります。

…ダメな面でくじけることがないように、
困ったら攻略サイトを使うことをオススメしたい汗
[PR]

by syuwan | 2009-02-23 21:47 | ゲーム
 
     
  2009/02/20 サンサーラ・ナーガ2(SFC)      
     
 
iPodに入ってたデータにこれのBGMが出てきて
色々と思い出したことがありました。

知らない人に解説すると、
桜玉吉という昔はコロコロとしたSDキャラ描いたり
かと思えば、まじめに描くと画力が恐ろしい
当時のファミッ子を翻弄してきた漫画家さんがいて、
その人のキャラデザしたゲーム。

監督は最近で言えば甲殻機動隊、イノセンスなどの
ミリタリー系かつある種のマスターじじい作品
手がけ続けている、押井守。

まだ私が押井守という変態の名を知らない純朴な頃、
桜玉吉がキャラデザしたRPGということで
興味半分で手を付けてみた作品という。
やったのは中学生の頃。

ちなみにその頃、まだ「しあわせのかたち」は「スペ」の
ゴリラの話しか読んでいなくて、強烈な印象が残ってたとか。
その後、たんとー…単行本買ってずぶずぶハマったという。

といっても1は都合上(金がなかった)手に入れられず、
結果的に2が中古で安くで売っていたためなんですがね。
(ソフト単品で2000円くらい)
1000円台のソフト買いあさってた時期なんだ。わかれ。

で、ぶっちゃけ、ワケがわからない。
ストーリーはわかるけども、どことなく安っぽい印象が強い。
そこはアイコンが小さかったり、
文字が小さかったりしていたせいかもしれない。


そして主人公はレベルアップの概念が無くて、
武器防具だけで強化できるのみ。
しかも武器は使い続けると壊れ、防具も受け続けると壊れる。
まあ、あるポイントを経てHP上限が増えるんですが。

よって、ある程度の強さで壊れやすい武器防具については
予備を持っておく必要があり、少々面倒くさい。

で、一緒に連れ歩く白い竜がいるんですけども、
こいつはレベルアップして、魔法(マントラ)も覚えて便利。
で、竜のステータスは数個あるけど、HP/MP以外は
2文字のアルファベットで記載されていて、
それが何を示すのかさっぱりわからないし、解説されない。
取切なしで買うと、地味にその辺が痛い。

で、なにがなんだかワケのわからないまま、
「アムリタは裏切り者だから、追え」とかいわれて
ふわふわ浮いたようなシナリオをこなしていく感じ。

先に進むと、元にもどれなくなる地点もある。
とにかく不思議。何がなんだかわからない。

何がなんだかわからなかったけど、白い竜は
どこぞでオスの竜とイイコトして子供を産み付ける。
割と序盤で大人の子に。

2匹の竜を生んで、そのまま育てながらも旅を続け、
アムリタ見つけるけど、そのまま放置して先に進み続け、

そのうち、なんで後戻りができなくなるかを知り、

このまま進むとどうなるかもわからず進み、

結果的に迎える結末は…



正直、びっくりした。

この上なくわかりにくい話なんですけども、
しっかりとテーマがつながっていたのがびっくりでした。

だから、すごい印象に残ったゲーム。
それともう一つこのゲーム、凄まじいことがありまして。

中学生の頃だったのですが、当事は姉も同居していたので
姉もこれをプレイしていたのですが、
私が先にクリアして、感動のエンディングを見る。

今までの思い出を再現するようなエンディングなのと、
何気に演出が格好いいので、すごい好きなんですよ。
割とエンディング的には個人的に上位ランクに上がる。

ほんで、「THE END」の表示の後、
「SEE YOU AGAIN!」と書かれたエンドを見た後、リセット。
そしてセーブデータを見ると…

セーブデータ1:EMPTY
セーブデータ2:しゅわん

「…………………はい?」

あいにく、私はそのゲームのデータがまっさらな頃を知らず
(中古で買ったからデータ上書きした)
そもそも「EMPTY」が意味はなんとなく悟ったが、
イミがわからないため、そのセーブデータ画面をみせ、

「ねいちゃん…EMPTYって…ナニ?」

「!! …辞書で…調べろ…(ワナワナ)」

「… empty 意味:………ない

「バッキャローー!! データ消しやがって!!」

「えーーーーーーーーーーーーー!???」

なにかデータ消したようなことをした記憶は別に…!!
っていうかエンディングを見て、
リセットしただけなのになぜ!?なぜに!?

結局、姉はソレを域に、サンサーラナーガ2を投げた。
エンディングはいいものだったのに、残念無念。

で、私は明らかに腑に落ちないデータの消え方に憤慨していた。
明らかにおかしいのは、クリア後に消えたという事実。

何かを思いつき、一度データ1に2のデータを上書きし、
再度クリアすると…

「なんじゃこりゃ!またデータ1が消えてる!!」

こうして現象は再現された。
つまり、エンディングを見ると、データ1が消える。
プレイ開始のデータが2であっても、1が消える。

更に言えば、エンディングの最後にある
「SEE YOU AGAIN!」を見ると消える。
エンディング途中で切っても消えなかったので、これは確実。

そして、こんなものを仕込む奴はいないと判断。

「これはひどいバグだ…!!」

そしてそれから14年の歳月がたち、何気なくぐぐる。
そして知る、脅威の現実。

サンサーラ・ナーガ2 - Wikipedia

>クリアすると(エンディングを最後まで見た後に 
>THE END と表示されると)1番のゲームデータが消えてしまう。
これはバグでなく演出である。

これはバグでなく演出である。

これはバグでなく演出である。

これはバグでなく演出である。


「ひどい演出だ!!」



どうも話によれば、
これは、サンサーラ(輪廻)を考慮して仕込まれた仕様らしい。
輪廻とは回る糸車のように、
何度も同じ事象を巡ることなのだという。

ゲームデータも輪廻に従い、おわりとはじめがつながるのだ、
つまり、

はじめにもどる=データ消す…

という意味合いらしいが、


押井、お前ちょっとこい

と思った。
やってない側のデータ消すとか、ありえないぜ。

※ちなみに、GBA版では消えません。

------------------------------
あ、なんかいつもみたいに罵倒記事になってるけど、
このゲームは個人的にイチオシです。

シュールな人が好きな人にはかなりもってこい。
シナリオとしては箱庭だけども、
それでも他にはないなあ。こういうの。

ただ、システムがかなりアレなので、
ある程度のクソゲー耐性が必要だと思われる。
[PR]

by syuwan | 2009-02-23 21:44 | ゲーム
 
     
  2009/02/18 触手      
     
 
この言葉を聞いて、人はどんなものを連想するだろう。

アニメ的にいえば、うねうねとうねり、
絡み付いて出したり入れたりして
「らめええ!!」とかいう感じだと思う。

けど、私は「スパパパパパン!!!」とかいう
まるでハリセンで数回しばかれたかのような音の後、
「1200」とか嫌な数字が出てくるのを連想してしまう…

のは、ロマサガ2をプレイした人間のサガだと思います。
(え、ない?)

わからない人に説明すると、ゲームのサガの話です。
サガシリーズ全般には「触手」っていう攻撃が
あったりするんですよ。

攻撃的にはたくさんの触手をびしびしたたいて
「○かいヒット!」ではたきこむものなんですけど、
5かいヒットとかでも、それほどの威力はない。

ただしロマサガ2のそれは別格で、
複数の触手ヒットが全て決まった場合、

サガシリーズって、最大HPが999にも関わらず、
4桁のダメージがボロリとでましてね。オーバーキルです。

まあ、ロマサガ2は
バトル中の気付け用の特殊回復アイテムなしに
復活ができるのですが、それにしてもその
脅威のダメージ量に思わず戦慄するわけです

ていうか、ロマサガ2以降は敵側からのオーバーキルなんて
基本中の基本っていうくらいに弾き出してきますが、
何気に敵が繰り出す単体物理攻撃最強技。

そんな触手ヒット。

前者の妄想も気持ちよさそうだけどこっちも、ある意味、

気持ちよさそう

なのは否めない話。音とか。
[PR]

by syuwan | 2009-02-23 21:42 | ゲーム
 
     
  2009/02/13 コナンVS金田一のやつ(DS)      
     
 
「名探偵コナン」の「江戸川コナン」と、
「金田一少年の事件簿」の「金田一はじめ」が
夢の競演!! みたいな感じの企画物です。

合作ってマンガの中でやると、
確実に難しいものだと思うのですが、
ゲームの中ならでは、という具合に
ところせましと二人が大活躍します。

何気に会社をまたいでの共同企画というのは
雑誌社ではあまり聞かない話ですな。
とりあえず、どちらも知ってるヒトには
オススメしておきます。

お話のすじがきとしては、
「夕闇島」という南の孤島に

コナンは「不思議な現象が起こる」という
話の真相を探りに、

金田一は中学校で転校していった女友達から
「助けてほしい」という手紙が届き、

それぞれ、同じ場所に向かっていくという話で、
基本的にコマンド選択型のアドベンチャーゲームです。

夕闇島を舞台として巻き起こる事件にたいして、
コナンと金田一がそれぞれ解決をしていきます。

ぶっちゃけ、コナンと金田一はデスノートもびっくりの
死神を引き連れてるようなものですので、
彼等が行く先には確実に死ぬヒトがいますが、
そんな奴が二人いるために、バンバン人死にが出ます。

実際には周辺調査をして、聞き込みをしたりして、
証拠をつかんでいき、最後にフローチャートをたてた
推理をしていく流れになります。

登場人物としては、

コナン側からは 
バーロー、毛利蘭に毛利小五郎、
阿笠博士にガキンチョ3名(3人でひとまとまり)、
金髪のちみっこ、灰原哀。

金田一側からは、
はじめちゃん、美雪、剣持のオッサンと、
もう一人いますが、こっちのメンバーは少なめです。

「バーロー」「あれれー?」
「金田一耕助の孫」「ジッチャンの名にかけて」
等、いつもどおりのせりふと展開を織り成します。
(といっても、ボイスはありません。残念)

一通り、まとまったシナリオになっていますので、
アドベンチャー好きには十分楽しめる内容かと思います。

また、二つの作品を知らないヒトがやっても、
そこそこ楽しめるシナリオにはなっています。
…まぁ、確実に知っている方が楽しいですがね。

-------------------------
というところで、オススメ話は終わり。
で、実際にやった感じはどうだったかといいますと…

…あ、申し訳ないんですが、システム話になります。
いつもこのブログの見所はそこ主体になりがちなので…汗

つづき
[PR]

by syuwan | 2009-02-23 21:38 | ゲーム
 
     
  2009/02/10 デッドラ2ktkr!!      
     
 
ゾンビパラダイスゲーム「DEAD RISING2」のマルチプラットフォーム開発をカプコンが発表 - GIGAZINE

先日もWii版がでるぜえ、とかいってた
デッドライジングですが、なんと2が出るらしい。

やったー!

これでまた、ゾンビ無双やってみたり、
ショッピングモールにいったら使える武器を探したり
非常口みたいなところ等、いける場所を探してみたり、
トイレの窓から瞬間移動できないか

っていうようなことをしたくなるのが再発するわけですね。
いいのか わるいのか。

ともあれ、楽しみです。
360だけでなくPS3、PCでも出るらしいので、
あのうるさい黒い子のユーザーも、
どっちももってねえって人も楽しみにしとくと吉。

まあ、その前に360版をやってみるともっと吉。
[PR]

by syuwan | 2009-02-11 01:20 | ゲーム
 
     
  2009/02/04 くにおくんオンラインって      
     
 
既にクローズベータまでやっていたのか、
ということに先日気づく。
おそらく数年前から作ってるとかいってた奴だな。
韓国の会社が作ってるとのことなので、ハンゲームで出るらしい。
クローズドベータには載り損ねたけど、楽しみだなあ、
まぁ、3Dなのはいいとして、プレイ動画見てると
それはそれで楽しそう。

で、その絡みで時代劇のクローンゲームの存在に気づく。
こんなもんあったのかよ!という感じ。

くにお流
→紹介サイト。パッチがいっぱいある

多目的空感
→時代劇クローンのサイト。ゲームとBGMは別DL

これ(時代劇クローン)が面白くて、
描いてたマンガそっちのけで熱中。
気づいたらマンガを描くためのHPの大半は
使い切っていたとのこと。ようは、疲れたという。

話の大筋は一切変えずにキャラがいっぱい追加し、
4人プレイ可能、ひっさつわざも4ページに及び、
その他多種多様な効果が追加され、
マップも一部増えたり、謎の店も追加されていき、
敵の思考ルーチンも鍛えられて強くなった感じ。

正直、やりすぎなくらいやりすぎてるので、
ファミコン版がかすむことかすむこと。

あと、くにおクローンではよく追加されてる機能として
起き上がり時の追い討ち防止が使われているので
一方的なフルボッコはあまりできない玄人仕様。
で、敵があんまりにも強いから、序盤は
すっころばされたところを4人でボコボコにされ、

「くにまさ は ちからつきた・・・」

となるのをよく見かけるわけです。
というか、最弱ボスのさわむらにすら負けた。
悔しいですっ!

負けるとカネも半分になり、
いよいよ手詰まりか(早い)と思いましたが、
時代劇はアイテムだけに頼ることなく、
いくらかの敵を倒していくと
定期的にステータスアップします。(レベルアップみたいな)
これを最大限に利用します。

とりあえず死ににくくなるための一歩目として、
ステータスアップの割り振りを体力と気力にまわし、
立ち上がりを早くする(気力あげると立ち上がりが早くなる)
ことで追い討ちのタイミングを減らしました。
(というか、ファミコン版でもこれしてました)

徐々にザコを倒して、死につつもレベルを上げ、
ようやく立ち向かえるかと思ったらボスも強くなり、
しかも、ボス4人出現とかあるので、かなりキワキワの戦い。
ていうか、ザコの体力気力すらパネエことに。
ていうか、死亡率はちょい下がったくらいで、
宿屋に泊まり損ねると、相変わらずヤバいことに。

まだまだ鍛錬が必要なので、先行して2000文集め、
「UPが2ばい」を購入。
レベルアップ時のステータスアップが2倍になります。
これでレベルを上げていったところ、気力体力がカンスト。
ここからようやく攻撃力に手を付けられるのですが、
概ねアイテムの装備で吊り上げることが可能。

しかし、「すばやさ」だけは素のステータスを上げないと
走力アップにつながらないので、まずはここをあげようかと。
移動の際にザコに出くわすと前半ならともかく、
後半になってくると、そうそう逃げ切れなくなってきたし。

とか、考え出した辺りで疲れてしまったという。
くにお君系はなんだかんだで
普通のゲームより遊びこんでしまうからいかんね!
(お前がいけない)

こがねむし は、遊びで使う分にはいいけど、
やっぱり自力でステータスアップさせていったほうが
色々と楽しいのですよ。
[PR]

by syuwan | 2009-02-09 20:53 | ゲーム
 
     
  2009/02/02 邦題「ゾンビのいけにえ」      
     
 
カメラマンのフランクさんが襲い掛かるゾンビどもを
文字通りちぎっては投げ、ちぎっては投げを繰り返す
残虐行為ゲームでおなじみの「ゾンビ無双」こと、
「デッドライジング」がWiiで出るそうです。

株式会社カプコン:Wii「デッドライジング ゾンビのいけにえ」

しかし、邦題だっせえことになってるなあ…
わざわざ邦題をつける意味があったのか、と思っちゃうのですが、
トレーラーを見る限り、なんとなくその理由がわかる気がします。

・ステータス表示がゲージ表示。わかりやすいが、ダサい。
・左から「お金 XXXX」とか出てくる。しかもゴシック体で
・ゾンビの数が異常に少ない。(360版経験者からすると)
・リモコン操作が例に漏れず、めんどそう。

まあ、Wiiだから、いくらかの予想はついていましたが、
ゾンビ数が圧倒的に少なくなっているのはショックです。
360の画面を埋め尽くすゾンビの数を見たときは
「360の本気すげえええええ!!!」
って感じでしたのでね。

そしてあのゾンビを倒す作業はプチプチを潰す作業によく似ている。
はじめこそは技術も体力も無いひんじゃくフランクさんだけど、
レベルを上げ、強くなった人外フランクさんになると、
プチプチ感が減量したのはいささか残念ではありますが、
まぁ、Wiiだしね、といえなくもないです。

あと、色々なアメリカンな表現方法が
日本語に置き換わったことで思わぬダサさを演出。
も、もうちょっとどうにかならんかったのか、アレは…(汗)

いやまあ、文字が大きくなること自体は
自分がプレイ当時つけていたケチなので大歓迎なんですが。
それにしてもやり方はいくらでも…
アレでは、18歳以上のレーディングつけた意味が…(汗)

といった理由で、邦題のダサさ=いくらかのパワーダウン
直結しているものと見て間違いないかと。
しかし、バイオハザードですらそんなことはなかったのに…(汗)


でも、なんだかんだで、Wii独自のモードもついてるようで。
あの世界観はハマると楽しいけども、何でもアリすぎて、
オススメするのにヒトを選ぶ状態だったので、
それはそれで楽しそうなので歓迎したいところ。

なにより、プレイしたことあるヒトがコレを知れば

「ア…ア…アウッ!!アウトーーーーーーーーー!!!」

とか言い出しかねないレベルの作品なのですが、
そんなZ指定のゲームをわざわざWiiで出すところ
色々と冒険してる感じですね。うれしいところです。

とりあえず、マリカしてる人々に勧めてみようかしら。
デッドラはよいものですよー。

まあ、年末久しぶりにやったらげっぷが出たけど。
[PR]

by syuwan | 2009-02-09 20:51 | ゲーム
 
     
  2009/01/30 はみちつくまさん      
     
 
ワラ速 同人サークルはちみつくまさん、 無償 で長時間長期働ける人材を募集

RPGツクールで有料ゲーム作っててよくウケるなー…
とはずっと思ってたけど、すごい自信で吹いたwwww
>>43とか。もうwwwww

「超雑用」に対しての扱いがもう
下手なブラック企業並みか、それ以下の扱いじゃないですか。
どう汲んでもヒトの扱いされてないいわれっぷり。

しかも無償とか。おお…これが日本同人の奴隷制度か…
てか、これなら会社勤めた方がマシなレベルだし…
交通費すらでないとか、もうこれで名乗り出るの信者レベルだろ。

>・2ちゃんねるなどでは評判の悪いサークルですが、
>ゲーム制作の技術に関しては確かなものをもっております。

しかもこれ、自覚してるのな。
なんで評判が悪いのか、見直せばいいのに…

>・有名な「RPGツクールシリーズ」を凌駕する
> 制作ツールにて効率よく開発しております

私には、冒頭の画像とかを見る限り、
ツクールゲームにしか見えないんだけども…

「東方サッカー」はそこそこいい出来だと思ったんだけど、
こういうのを見てると、潰れるな。色々…

スキルを蓄えようといっても、ここの場合だと…

>141 名前: すずめちゃん(東京都)[] 投稿日:2009/01/30(金) 09:14:53.33 ID:4imSuKc1
> 製作中
> 「ちょっとこれ手伝って」
> 「飯買って来て、あとでお金だすから」
> 「眠いから後よろしく~」
> 「これ発注しといて」
> 「今からきてくれない?は?時間ないから早くね」
> 「ちょっと出かけるから掃除しといて」
> 「何か面白い話して~」
> 「洗い物よろしく」

> コミケ
> 「出掛けるから売り子よろしく~」
> 「ひゃっはーぼちぼち稼げたかなぁやっぱ売れ筋適当に押さえときゃ金になるし同人ウマー」
> 「おつかれ~んじゃもう帰っていいよ~」
> 「さーて美味い物喰い行くかな~」

> 奴隷涙目

これが容易に想像できる。


え、ネタ?本気にするな?

…………ムリだ!!ww

こういう悪意たっぷりのものは
ネタとか冗談とかっていわないんだよ。
言い出した側がいえるレベルじゃないんだよ。

つまり、こっち側からすればネタなんだけどね。
[PR]

by syuwan | 2009-02-09 20:46 | ゲーム
 
     
  2009/01/22 パチモンマリオ柄      
     
 
スーパーマリオランドの全ステージが刻みこまれたEeePC - GIGAZINE

マリオランドのステージ柄が全部入ってるPC…
普通にファミコンのマリオを選ばずに、
あえてGBのマリオランドを選ぶところに
妙なマニアックさを感じます。

小学校の頃、ゲームボーイが発売され、
当時の友達が嬉々として入手していた初代GB。
マリオができるということで、見せてもらいましたが、

私たちの世代は、
ファミコンとともに生まれた世代なのですが、
発売の流れとして、結果的に
スーパーマリオブラザーズあたりで本格的に
ゲームにハマるようになるため、当事は
スーマリクラスがスタンダードだった世代でした。

その観点から見ると、当時からしても小さいと思うドット絵、
スーマリではどれひとつとして聞いたことの無いBGM、
でかいマリオとファイヤーマリオの見分けがつかず、
ファイヤーボールではなく、スーパーボール、
カメは蹴れないどころか踏むと爆発するわ、
1UPキノコはハートになって、スターまでも垂直落下。

ボスはクッパではなくタタンガという変な生き物で、
ましてやピーチ姫じゃなくてデイジー姫、

パッケージはそれなりにマリオマリオしてるものの、
従来マリオとほぼ関連の無い要素だらけ。
結果、相当なパチモンくささを放ってしまうこととなり、
非常にうさんくさいシロモノでした。

「同じ会社のゲームなのに、
 従来のマリオの曲が一曲も無いのはなぜ?
 もしかして、同じの使っちゃだめだったのかしら?」

今にして思えば、あれはハード別のシリーズ作としての
1作目のスタイルを作ったものだと思うのですが、
子供ながらに、ありえない大人の事情を連想しては
妙にかみ締めたものです。

今、そんなことを話せば恐らくバカにされる話ですが、
リアルタイムならではの思い出はそんなものでした。


まぁ、そうかといって、面白くなかったかというと
まったくそんなわけはなく、
「裏面クリアは今でも余裕です」
って位にはやりこんだ作品でした。

それまでのマリオにはなかった、きちんと作られた
エンディングシーンは、ゲームボーイ史上でも
指折りのかっこよさがありました、
今の時代ではチープなのかもしれませんが、



と、ここまで語っておいてなんなのですが、

どっちでもいいけどね、柄。
[PR]

by syuwan | 2009-01-22 21:15 | ゲーム
 
     
  2009/01/15 DS版サガ2がでるらしい      
     
 
痛いニュース(ノ∀`):【サガ】「Sa・Ga2 秘宝伝説」がDSでリメイク決定

何気にサガシリーズに御執心な私はうれしくて仕方ない。

この曲のリメイク、今度はどんな感じになるんだろう。
ロマサガ→ミンサガ
の際には
情熱的なスペインっぽい曲調→ロック調
だったんだけど、なんだかんだでどっちも好きだった。
どの道、サガシリーズで音は外せない要素なので
色々どうなるか楽しみでしょうがない。

いやもう原作レイプというのには目をつぶる。
なにぶんこちらはハードも、バーチャルコンソールすら
販売してないGBなのだから。

バトルのテンポのよさに、
敵固体数複数体登場(右下に数字とかでもいいから)
終盤にかけて雑魚敵すら強すぎて
逃げるの一択しかなくなるような絶望っぷり、
そして、負けたとき、逃げ切れなかったとき用の
セーブ、ロード、ソフトリセットのしやすさ、
あと、無茶苦茶な話の展開とか、
「なんだ!このおんがくは!」(byえちごや)など、
そのへんが再現できれば個人的には満足でーす。

特にテンポのよさは
「STARGAZER」上回ったら神扱いする。
まぁ、3Dになる以上、遅くなるのは必須だけど。

基本的になかなか「俺TUEEEE!!」できないところが
魅力的なゲームですよね。サガって。
時間をかければ俺TUEEEEE!!が楽しい。
やり方を知ることで数倍便利になる楽しさもあるから困る。

しかし、1を無視しなくても…
植松メインの1だと不都合なのだろうか。
それともWSCでやっちゃったから?


>これリメイクで武器の使用回数制限がなくなったりしそうで怖い。

これ抜いたらそれはもうサガじゃないな。
リメイクサガ1見てるとわかるけど、抜かんだろこれは。

しいて言うなら、オリジナルはどうあっても
強く鳴り出すと単調になるフシがあったので、
バトルシステムにもうひとひねり加えると思う。
ミンサガのように。

それにしても、メカとかどうなるんだろう。
装備したら装備しただけグラが変わると
すごい面白いことになりそうだ。ならんだろうが。

それにしても、スレで散々触れてるけど、
レオパルド2本当にどうすんだ。戦車だぞ、アレ。

レオパレス21じゃないぞ。(桜玉吉ネタ)
最近になって気づいたわ。しあわせ~にサガ2ネタ入ってたの。


ちなみに私のサガ体験としては、
小学生当時は防御完全無視の紙装甲だったので
とにかく「HP」や「ちから」をあげていくことと、
一気にしとめられる「マシンガン」系、
エスパーの全体攻撃「れいき」「ほのお」頼り。

おかげで終盤「ミス!」「きかなかった!」の嵐。
「ぼうぎょ」「すばやさ」の重要性に気づいて、
クリアまでもっていけたのは大人になってからの話でした。

しかし、お子様向けだって奴は
だいたい自分と同年代かそれより上だと思うんだが、
お前等もプレイ当時はお子様だったんじゃねえの?
ってのばかりだと思うんだがなあ。

> ロマサガ2を2Dでリメイクしてほしい

ないない。絶対3D。

> ヌルゲー化されそうで怖い

そこはミンサガが全然そうじゃなかったから
大丈夫じゃねえかなあ。

> カイの膣や子宮も3Dで再現するんだろうな?

ゴクリ…あのイベントはいつ見てもエログロだな。

> ひらめきシステムだったりして。それはないか。

初代サガだけはそのシステム入れるの勘弁してくれ。
[PR]

by syuwan | 2009-01-16 04:00 | ゲーム
 
     



「いぬじら(Inuzilla)」というサイトをやっている「しゅわん」という人のブログでした。ここでの更新は終了しました。
by syuwan
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新のトラックバック
目指せ!!オトメディウス..
from すちゃらか統一ウオーズをやる..
『まんとくん』颯爽と登場
from 魚眼(ぎょがん)しんぶん
オフ会八犬伝
from らぷらたぷらぷら日記
フォロー中のブログ
ひみつの電波塔
Stage Zero Blog
漫画ブログ
すちゃらか統一ウオーズを...
Column・DE・Co...
Kurimaru Roo...
ハワイ生息のタコ
まりねこ通信
BTドレスブログ
らぷらたぷらぷら日記
◆きのえね◆
TAKAGISM BLO...
イヌブログ
適当漫画です~☆
第二次すちゃらか~(略w)
とうとう心のブログ
KUROSU-Time
4コマプレシスト・まりねーじゅ
ど根性大根 ラディーがんばる
独りの部屋で誰にも見せな...
一のお気楽箱
野良NEKO音頭状態の着地
*ポジログ*∵・+.。.・
あやめねっと
ぶろパチアぎゃらり
カテゴリ
全体
ひびのにっき
まんが
ゲーム
おと
ネタ
ちょいまじめ
forケータイ
オフ会
毒々
ぱそこん系
絵チャ
料理
おかいもの情報
おしながき
Info
未分類
タグ
(610)
(463)
(241)
(141)
(90)
(74)
(50)
(48)
(48)
(29)
(29)
(28)
(21)
(17)
(13)
(9)
(6)
(5)
(4)
(3)
以前の記事
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2001年 12月
Link
ライフログ
検索
その他のジャンル
Skypeボタン
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
いぬじらブログ アクセス解析