オトメディウス ゴージャス(XBOX360)      
     
 
オフライン:★★★☆☆
オンライン:★★★★☆
長続き  :★★☆☆☆

--------------------------------
まだまだちょびっとやりだした感しかないわけですが、
とりあえずレビューしてみたいですね、と。

オトメディウスはコナミゲームで頂点に輝いている
「グラディウス」の派生の新作です。
見た目的には「パロディウス」を今風の萌え路線に
チェンジした感じですが、イラストは吉崎観音。

「よしざきかんのん」と読んでしまい、
「えらそうな名前だなあ」と勝手に思ってた私は
あとで「よしざきみね」といわれても…
いや、関係ないですねw てか、自分が悪いですねこれw

「ケロロ軍曹」をご存知の人にはおわかりのあの絵柄。
ただ、萌え路線にしては新しいのか、古いのか、
正直、よくわからないチョイスになってます。
ただ単に流行りをチョイスした、というのであれば
納得はいきますが。

とにかく女の子で胸ぼーん、というインパクト。
あのオトメディウスの筐体の見た目に負けて
ゲーセンでプレイできなかった人は手を挙げとこう。
私はがんばった。うんがんばった。

え、吉崎観音好きか嫌いか?  好きにきまってんじゃんw




さて、オトメディウスの本編は、
かなり硬派な昔なじみのグラディウスです。

最近のゲームはとにかく弾幕多いわ、
当たり判定が見えていて、そこだけを必死にかわして
快感を得るタイプのゲームが多いわけですが、

これはグラディウスと同様、当たり判定が割と広い
ほとんどの弾が確実にこっちを狙ってくる、等、
そういった部分が昔なじみといった印象。

--------------------------------
で、ここでグラディウスの基本ルールを
知らない人のために話しておくと、

敵を倒した時にパワーカプセルを取り、
装備をパワーアップさせていくのですが、
使える装備は取ったパワーカプセルの個数で
分類されており、

1個でスピードアップ
2個でサブウエポン(対地弾や追尾武器など)
3個でメインウエポン(狙うタイプの装備メイン)
4個でメインウエポン(一斉掃射のパワータイプ)
5個でオプション(自機と同じ弾を撃つ。最大4つ)
6個で「?」(スペシャル武器。バリアやボム等)

7個以上取ると、1個目の装備に戻る仕組みです。
で、いずれかの装備をつけると、
また1個目から取り直しになり、最終的に
何十個かを取ることで最強装備になりますが、
うまく装備できないと
何十個とってもパワーアップできない、
そういう意味では考えるタイプの装備システムです。

基本的に自機は一撃で死ぬため、
バリアを張ることで耐久力を引き上げるのが
グラディウスで生き残るコツです。

--------------------------------
で、これを踏まえて話すと、

アーケードのオトメディウスの場合、

回復しないタイプのバリアを張っているため、
一撃死することはありません。
また、グラディウスであれば、一撃で即死して
中間ポイントに引き戻されるのですが、
オトメディウスの場合、その場復帰になります。

なので、HP+残機+その場復帰制になります。

また、死亡した場合、装備品はリセットされますが、
オプションだけは前方に飛んでいき、
捕まえることで即時立ち直りが可能となっています。

これまでのグラディウスシリーズは
「一度死んだら取り返しが効かない」
で定評がありましたが、このシステムを導入したことで
あの絶望的な難易度がぐぐっと下がっています。

更にHP制が含まれている理由のため、
「?」の部分にバリアが来ません。

その代わり、充填タイプのボムを用意しており、
ボム一個分の半分のパワーを補充する装備になります。

このボムは即時で撃つと
弾けし&無敵時間&ダメージの効果が得られます。

また、このボムはタメ撃ちする方法もあり
この場合、無敵時間と弾けしは消えますが
狙い撃ちができ、倒した敵をパワーカプセルにします。

やり方次第では、大量の敵をパワーカプセル化できるので
一度死んだ上にオプションもなくすなど、
一気に装備を失った時、一気に挽回する意味で
使うというやり方も可能です。

こういうかれこれの要素を考えると、
やっぱり敷居が下がっていっていると思いますが、
玄人好みされやすいタイプの進化を
遂げているのではないでしょうか。

--------------------------------
また、今回のソフトにはXBOX360用である
「ゴージャスモード」というものもあります。

こちらはボムがバリアになるという
従来のグラディウス方式になっていて、
もちろんHPなしの残機制になっています。
(でも「その場復帰」)

ちなみにディスプレイ比率もノーマルモードと比較すると
4:3から16:9に変わっていて、若干高画質。


で、作品の共通点として、成長システムがあります。

キャラは過去に出てきたグラディウスシリーズの
機体に沿って擬人化されたキャラであるため、
装備はそれに踏襲していますが、初期装備のみ。

プレイするごとにキャラに経験値が入り、
レベルアップしていき、装備が充実していく仕組みです。

ゲーセンでは、アミューズメントカードを使って
データを保存して繰り返しプレイさせてましたが、
今回はいくらやっても財布は痛まず、成長させ放題です。

--------------------------------
さらにXBox Live!により、オンライン対戦機能。

オリジナルではバーサス対戦となり、
同じ敵を倒しあって、最終得点を競います。

この場合、別のキャラ同士が
同じ画面に出ることはありませんが、
ボムを撃つことで、「オプションハンター」という
オプションをさらっていく嫌な奴を相手に召喚できます。

つまり、モノとしては、おじゃまぷよを降らせる
ぷよぷよみたいな対戦だと思えばいいです。

従来のグラディウスシリーズの場合、
オプションを4つつけた場合にくるとありますが、
この場合、3つ以下でも平然とやってくるのでこれは使えません。
通常弾丸による攻撃は一切通用しないので、

 ・やりすごす
 ・ボムで殺す
 ・自分からあえてぶつかって、自分の死やダメージを持って倒す
 ・あきらめて、せめて被害を最小限(最低一個)に抑える。

になりますが、かなり厄介です。

時間制で時間切れまで行うか、
最後のボスを倒すかで終了します。
それまで何度死んでもOK。
いやまあ圧倒的に不利になりますけど。

ちなみにゲームは、
沙羅曼蛇(ライフフォース?)のオマージュになっていて、
敵キャラはもちろんのこと、BGMまでソレです。

正直、リアルタイム感があるかというとイマイチですが、
ボイスチャットが標準装備なので、
これを含めてやると、だいぶ変わるんじゃないかと。

ちなみに「ゴージャスモード」の場合、
実際に3機まで同時プレイをすることが出来ます。
んが、これも同期が微妙なので、
リアルタイム感を味わう程度に楽しむと
そこそこ面白いんじゃないかと思います。

--------------------------------
最後に、アイテムを集めるのが面倒な人は、
ショップを使うことになります。

ショップはプレイごとにもらえる
ポイントを使うことで装備品やアイテムを
買うことができます。

これがあるので、一機集中で育成をしても
有り余ったポイントを他のキャラの武器に注げば
労せずに武器をそろえることが出来る、というわけです。
と、ここまで書いたけど、
ポイントはキャラ固有になるので流用はできませんでした。アフン。

--------------------------------
ここまでだらだらとシステムを流していきましたが、
個人的な感想を箇条書きで述べるとしましょう。

・これ、有線コントローラじゃないと厳しい

→ワイヤレスのコントローラでやると、
 遅延があるため、無駄な動きが出ます。
 STGで遅延は敵です。ぜひ有線コントローラを。

 ちなみにうちはアケコンです。

・私の実力じゃノーマルが限界らしい

→初代グラディウスも4ステージで
 くじけただけはあって、正直そこそこ難しいです。
 いい武器を選べばだいぶ変わると思いますけどね。

・オプションハンターうぜえ!!

→対戦の話ですが、憎たらしいです。
 奴等のひっついた付け根部分で
 オプションをさらう個数が変わるのですが
 4つさらわれるとさすがにしょげます。
 
 数種類いて、基本的に後ろから登場。
 ・前にふらふら特攻かけていくタイプ
 ・追尾して追い回すタイプ
 がいます。
 
 奴等は基本、弾丸に対しては無敵で、
 とくに後者は撒けないので、ボムがなければ特攻しかありません。
 被ダメージものっぴきならない状況であれば、
 せいぜい被害が一個ですむレベルで抑える等。
 とにかく、邪魔で仕方ありません。

・いちいち終了するのがウザイ。

 オンライン対戦がひとしきり終わると、
 ゲームオーバーになり、タイトル画面から
 やり直すことになるのですが、これが面倒くさい。
 
 更に言えば、接続に失敗するか、タイミングを逃すかで
 乱入のタイミングに失敗しても、タイトル画面に戻る。
 
 ひとつひとつの操作に時間がかかるので、
 これが非常に面倒くさいのが、
 本作の本気で致命的に思える欠点。
 
--------------------------------
まぁ、なんだかんだで、STGって、
本気で好きなものでない限り、やりこまずに終わるので、
ハマるのが浅い人はすぐ飽きちゃうかもしれない。

更にステージ数もそう多くないので、
ずっとハマり続けるのは難しいと思う。

それを防止しているものがLiveの対戦だけど、
リアルタイム性は薄いので、そういう意味では
これで延命するのは好きな人だけかなー、と。

逆にいえば、これが大好きで、
対戦も肌にあえば、悪くないのかもしれない。
自分としてはボイスチャットのおかげで
マンネリ化が抑えられている。割と楽しい。

ということで、これをやるのであれば、
ゴールドメンバーシップ登録するといいかもねえ。
そんな感想でした。
[PR]

by syuwan | 2008-11-28 21:56 | ゲーム
 
     
<< 2008/12/01 はええな ダウンタウンドッジボールだよ全... >>



「いぬじら(Inuzilla)」というサイトをやっている「しゅわん」という人のブログでした。ここでの更新は終了しました。
by syuwan
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新のトラックバック
目指せ!!オトメディウス..
from すちゃらか統一ウオーズをやる..
『まんとくん』颯爽と登場
from 魚眼(ぎょがん)しんぶん
オフ会八犬伝
from らぷらたぷらぷら日記
フォロー中のブログ
ひみつの電波塔
Stage Zero Blog
漫画ブログ
すちゃらか統一ウオーズを...
Column・DE・Co...
Kurimaru Roo...
ハワイ生息のタコ
まりねこ通信
BTドレスブログ
らぷらたぷらぷら日記
◆きのえね◆
TAKAGISM BLO...
イヌブログ
適当漫画です~☆
第二次すちゃらか~(略w)
とうとう心のブログ
KUROSU-Time
4コマプレシスト・まりねーじゅ
ど根性大根 ラディーがんばる
独りの部屋で誰にも見せな...
一のお気楽箱
野良NEKO音頭状態の着地
*ポジログ*∵・+.。.・
あやめねっと
ぶろパチアぎゃらり
カテゴリ
全体
ひびのにっき
まんが
ゲーム
おと
ネタ
ちょいまじめ
forケータイ
オフ会
毒々
ぱそこん系
絵チャ
料理
おかいもの情報
おしながき
Info
未分類
タグ
(610)
(463)
(241)
(141)
(90)
(74)
(50)
(48)
(48)
(29)
(29)
(28)
(21)
(17)
(13)
(9)
(6)
(5)
(4)
(3)
以前の記事
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2001年 12月
Link
ライフログ
検索
その他のジャンル
Skypeボタン
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
いぬじらブログ アクセス解析